このページの本文に移動

病院長挨拶

昨年は院内的にはEvolution(発展)のスローガンを掲げて、退院支援病棟のより効率的運営を通して、地域の人々が必要としている医療とケアを切れ間なく提供するための地域包括ケアシステム(The integrated community care system:ICCS)構築に参画してまいりました。関越病院では電子カルテの導入以来、当地域における医療の必要度を測定してまいりました。人口動態も踏まえたNDBのデータや、当地域でますます増加してゆく後期高齢者の様々な実態のデータの分析結果を踏まえて、地域住民の皆様の多様化した医療ニーズに応えて行きたいと思っています。質の高い急性期医療を提供させて頂くとともに、そのあとに待っている居宅在宅へのスムーズな橋渡しを効率化してゆくことがその目的です。当院が持っている急性期病院としての役割を十分に発揮することを同時に達成してゆく事がその背後の理念として流れています。  地域住民の皆さんが必要としている療養(医療や介護や生活)を、必要な時に、必要なだけ提供する、または患者さんやそのご家族の満足できるコーディネートができることが極めて重要な因子であろうと思います。 今年度は多職種(医局、検査科、栄養科、薬剤科、医事科、総務、人事、経営企画などの事務部門)がより強く横の連携を意識して、ことさらに声を掛けあって、新しい仕事の仕方を日常に組み込んで業務改善を実行してゆく、そんな年にしたいと思っています。関係各位の皆様方のご協力を切にお願いします。

今年の合言葉はそれらの目標に向かってひたすら自己変革して前に進むという願いも込めてInnovation(革新)です。

院長 田中 政彦

このページの先頭へ戻る