このページの本文に移動

施設の理念・方針

理念

地域の利用者が自己能力に応じ、可能な限り自立した日常生活を目指すために介護保健サービスを提供する。

施設の基本方針

日常生活に必要とされる医療の提供及び日常生活上の世話を行い、居宅における生活への復帰を目指す。

利用者の意思及び人権を尊重する。

利用者の有する能力に応じて、医学的管理の下における機能訓練、看護、介護を行う。

利用者が「おだやか」で「その人らしい生活」ができるよう、サービス提供に努める。

地域における保健・福祉・医療と綿密な連携を図り、利用者にとって最善のサービスを提供する。

サービス提供にあたっては、懇切丁寧を旨とし、利用者又はその家族に対して療養上必要な事項について、説明と同意を得て実施するように努める。

このページの先頭へ戻る