このページの本文に移動

心臓カテーテル検査室のご案内

当院では平成25年6月にカテーテル検査室を設置しました。
心臓や末梢血管に対し、医師・看護師・臨床工学技士・放射線技師がチームを組み、早期発見・早期治療を行えるよう日々努力しております。心臓血管疾患は一度発症すると再発率が高いという特徴がある為、発症予防から診断・治療まで包括的な医療提供を心がけています。

治療について

1. 狭心症や心筋梗塞などの治療

  • 経皮的冠動脈インターベーション(PCI)
  • 冠動脈、末梢血管等のカテーテル治療
  • 大動脈バルーンパンピング(IABP)
  • 経皮的心肺補助装置(PCPS)

2. 下肢の重症虚血や間欠跛行のある方の治療

*間欠跛行(かんけつはこう)とは、しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状のこと
  • 末梢血管インターベーション(EVT)

3. ペースメーカー植込み(交換)治療

主な診療実績

  • 経皮的冠動脈インターベーション(PCI)
    平成25年度:46件
    平成26年度:104件
  • 末梢血管インターベーション(EVT)
    平成25年度:18件
    平成26年度:44件
このページの先頭へ戻る